Home

海外に行けば日本人は礼儀正しいから喜ばれ、日本に来る海外観光客は日本人は優しいと感動して帰っていく、とはよく聞く。

フランスのことに限って言えば、たしかに日本へ行くフランス人の観光客も増え、日本という国への一種の憧れはどんどん強くなっていると感じる。だから日本人に関する「良いイメージ」が増え、定着してきているのも確かだ。

フランス国内では日本の認知度も高い。例えば一般の公立中学で「漫画クラブ」なるものが存在するのも珍しい話ではなくなった。漫画はあらゆる書店で大きな箇所を占める。やたらと浮世絵について詳しい人やそれを仕事にしている人もいる。そして和食ブームは盛り上がる一方。最近は近所の無農薬のお店で梅干しを売っているのを発見。もう少ししたら普通のスーパーで納豆が手に入るようになるかも、と思ってしまうほど。私の同僚は「もう私は朝ごはんも和食よ!」と言っていて、まあ彼女レベルはちょっと例外だとしても、日本についてやたらと詳しい人が増えたのは確かだ。

一方で、ごくごく一般的な大半の人々にとって日本とはアジア圏にある国、つまり広く言って「海外」というだけでもある。

というかそっちの方がマジョリティの感覚なのだ。

日本では自分たちが外からどう見られてるのかを気にしがちだが、少し遠くからそれを見ているとちょっと滑稽に感じてしまうのが正直なところ。

広く言えばアジアという感覚

パリを歩いていて「ニーハオ」と声をかけられるのには慣れてしまった。これは中国人と思われているというよりもむしろ「アジア人」と認識されていると同じことなんだろうと最近は思う。

夫の家族に「この前タイに行ってきたの。アジアの人はみんな親切ね」と言われ、絶対「アジア人側の者としての反応」を求められているだろうというのはわかりつつもなんと言ったら良いのかわからなかったり(タイ行ったことないの、と言っても意味がない気がして…)。

子供たちを預けていたシッターさん。とってもいい人で信頼仕切っていたのだけれど、子供たちが0歳児のころから預けていたにもかかわらず、言葉の端々で母親の私を中国人と勘違いしていることがわかる。私は日本人なんだ、と伝えたりするが、その時は「そうだったわ!」なんていうけれど、しばらくしたら忘れてしまっている。彼女の中で中国人=アジア人。別に悪気は一切ない。もっと言うと、アジア系フランス人というくらいの認識なんだろう。

パリには和食ブームに乗っかってエセ和食店も多々ある。メニューには寿司、焼き鳥が並ぶ。そんなお店で中国語なまりの、フランス語も怪しい店員に一生懸命サーモンの巻き寿司を注文してみるとなんとも不思議な感覚になれる。他にもベトナムの円錐形の麦わら帽子、ノンラーを被ったキャラクターがシンボルの和食レストランがあったり。

人々の日常生活レベルでは日本だろうが中国だろうが韓国だろうがタイだろうがベトナムだろうが、全てはアジア、なのだ。日本人はアジアの一員であるという意識が薄いというのはよく聞く話だが、遠くのフランス人のベタな日常生活の中ではある意味立派にアジアの一員と見られていた。まあ広くアジアだよね、という感覚。日本ブームが巻き起こっているこの国ですらこうなのだ。

一歩引いたら見えてくるもの

自分たちへのイメージを気にしてもけっきょく外に出たらたいていはもっとざっくりしている。こんなもんなのだ。「中国人となら文化的にも言語的にも近いから分かり合えるでしょ」、と言われるのも当たり前なわけだ。冒頭でも言った通り、日本という国が認識されていない、とかそういう話では全くない。何度も言うが、フランスにおいて日本はかなり認知度の高い国だ。それは間違いないけれど、それでも地理的に遠いと字面通り「一歩引く」ということが簡単になるというわけだ。

逆も然りだ。日本で私はフランスからの帰国子女だというと「では英語がお上手なのね」と何度も言われた。フランス人の夫も何度道端で「ハロー」と声をかけられたことだろう。フレンチと銘打ってパスタを出すお店も溢れている。「海外ではこうだ」などの言い方、さらには「外人」という言葉などで日本以外をざっくりとその他カテゴリーにまとめてしまうのと結局は同じこと。

知識がざっくりし過ぎていて、ちゃんと相手のことを知ってから発言すべきだろう、と言いたくなることもある。やはり西欧中心の思想から脱することができていないという解釈をすることもできるかもしれない。でもいちいち頭に血を昇らせるのではなくて、こういうざっくりとしたイメージを利用して、日本を現実的に客観視してみるということもたまには大切なのではないだろうか。

日本も中国も同じだとか乱暴なことを言うつもりはないし、決して無知がいいということが言いたい訳ではない。けれども昨今の日本国内でのヘイトスピーチ問題やらネトウヨが蔓延る社会を見ていると、たまには一歩引いて物事を見てはどうかと言いたくなる。この変な距離感はなんとかならないものだろうか、と。

似た者同士が敵同士になりやすい、というのはこういう日常の一コマからよく考える。全体的には似た者同士、よく知っている者同士だからこそ違いにばかり目がいく。それが歪んだ憎しみに繋がったりする。

違い探しやら揚げ足取りをするのではなく、時には一歩引いてみる事も必要。そして何が共通点なのかをみるような思考回路に切り替えるともっと得るものも多いし前進すると思うのだが、こんな基本的なことが日本でも、そしてもちろんフランスでも、どこに行っても難しいことだからやっかいだ。

M

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中