Home

十数年で飛躍的な伸びを見せたフランスでの日本の漫画市場。BDの祭典、アングレームでとうとう大友克洋がグランプリを授賞するような時代。 また、ジャパン・エキスポなる日本のサブカルの大祭典があるのもフランスなのはわりと知られている事実かもしれない。フランスやベルギーはそもそも BD(Bande-dessinée – バンド・デシネ)と呼ばれるコミック文化の発祥の地。そこで日本の漫画は「Manga」と呼ばれ、BDやアメコミとは異なるものと認識されている。

そして日本では、「漫画が海外で人気だ」というと、「日本の漫画はすごい、これぞソフトパワーだ」と喜ばれる。

ところで。フランスで日本の漫画に関わる仕事をするようになって感じることは、日本は自分たちの発しているものに対してドメスティックで内向きな考え方をする傾向が強いということだ。上記のような反応の裏に、「それはあくまで日本のもの」、という感覚がないだろうか。

また、発信側がこういうスタンスだからなのか、受信側のフランスでは、それが漫画だろうが映画だろうが日本のものはどこか「エキゾチック」であるという認識が定着していて、その領域からなかなか出ていけていない。

そういうエキゾチックさを売りにして得する面もあるかもしれない。完全に間違った認識でもなかったりする。けれど本当にこのなんとなくモヤっとした文化的な違い、エキゾチックさだけが日本の漫画を漫画たらしめているのだろうか。

それを理解するためにいくつか視点はあると思うけれど、有効なものの一つがフランスで日本の漫画の影響を受けた「フランス人の漫画家」という存在だ。

アメコミでもBDでもない漫画の定義とはなんだろうか。日本人が描いた、っていうこと?フランス人たちが日本の漫画の文法や技術を習得した今、この漠然とし た定義では物足りなくなってきている。どんどん広がるフランスの漫画市場。そこで漫画を読むだけではなく、描きたい、という人たちが出てくるのは時間の問 題だった。ある意味とても自然な流れだったとすら言える。

ところがそれはフランス人作家や編集者にとって、険し い道のりでもある。フランス人の漫画家はなかなか売れない。そしてこれはフランス人だから、という理由だけではない。だんだんと増えている漫画家志望の若 いフランス人たちの厳しい状況を考えることで、日本の漫画がどういう部分で本当に特殊なのか、そして何がそれを「エキゾチック」なものにしているのかが見 えてくる。

フランスの漫画家たちがぶつかる壁

まだまだフランスでフランス人が描くMangaは一般的に認知されているわけでもなく、ステータスも低いままだ。フランス人の描くMangaはBDとはかなり趣きが違い、技術的にもテーマ的にも、もちろん右綴じなところも、漫画だなぁと思わせるものがあるけれど。

どこかエキゾチックで文化の違いを感じさせる部分が漫画を漫画たらしめているという漠然とした認識は日本人の中だけではなく、フランス人たちの中にもある。それがフランスの漫画家たちがなかなか売れない理由の一つ。

もう一つの大きな壁は、漫画家としてお金を稼いでいくために大切な実際の売り上げだ。例えば日本で大ヒットと言われると何百万、何千万売れるものもフランス では十万部。3万部売れるともうそれはけっこうなヒット。売れ方が違う。つまりこのコンテンツとしての消費の仕方が違う。そうしたフランスでフランス人が ちゃんと漫画家として食べていけるようになるのは今はほぼ不可能、なのだ。

さて。フランスの漫画家にとっての問題は読者の文化的な思い込みからくるものばかりではないことがここから見えてくる。

日本とフランスでの構造的な違い

海外(フランス)の視点から日本の漫画を見ていると、漫画を漫画たらしめているもの、つまり日本の漫画の「エキゾチックさ」を作り出しているもの、それが実は漫画業界として考えるべきものでもあると気づく。

簡単に言ってしまえば、日本では漫画家を売り出すためのシステムが構築されているがフランスにはそれがない、ということ。BD業界のそれはあっても日本の漫画業界とは随分と異なる。

例えば、週刊誌などの早いリズムに合わせなければいけない日本の漫画家たちがしばしば激務であるのに対して、フランスではそのようなリズムを作り出すことがそもそも不可能だ。

理由の一つとして、漫画家のアシスタントのシステムがないことがあげられる。アシスタントを使うことで得られるリズムと全く一人で作り上げるスタイルでのリ ズムの違いは大きい。アシスタントを雇うということ、それはつまり彼らの給料を作家が支払うということ。売れる日本の漫画家には原稿料と印税収入があり、 アシスタントの給料が出せるけれど、フランスの漫画家にはそこまで売れる漫画家がいないため、アシスタントを雇うことなど不可能。そんな悪循環がある。

もう一つの理由は週刊誌や月刊誌のシステムがないことだ。過去に何度か挑戦をした出版社もあったがいずれも頓挫している。これは消費スタイルが日本とフランスでは異なるということが根本にある。フランスでは漫画が日本と同じようには消費されないのだ。

一方で、日本ではこの週刊誌のシステムとそれに伴う消費スタイルが漫画の大量生産を可能にしてきた。日本の漫画は技術面も含めてこのようなシステムと相まって形作られていった歴史を持つ。だから例えば日本の漫画とこちらのBDの違いは「リズム感」だとよく感じる。

どちらがいい、悪いという話ではなく、業界の構造的な違いや作家たちの働き方の違い、さらにはコンテンツの消費の仕方にも違いがあるということ。そして、こ れらの違いが、「日本の漫画は特殊である」という感覚を生み、さらにそれが「文化の違い」なのだ、というような認識に辿り着いていると言える。

新たな業界の形と漫画の定義

既に業界として成り立っている日本。枠が作られていて、その中で描く日本の漫画家はフランスの漫画家からみるとかなり恵まれているわけだけれど、フランスで も日本の漫画は一つのコンテンツとしてすでに定着している。だからそれを描くフランス人漫画家もこれからさらに増え、徐々に認知度も上げていくだろう。そ して日本と同じ様な業界のシステムが構築できなくても、彼ら/彼女らを中心に新しい業界の形が形成されていくはず。

さて、定義と言う話に戻ると。それを日本人作家のもの、あるいは日本で出版されたもの、というように固定してしまうのであればこのクリエーションとしての漫画という分野は同じところをぐるぐる回るだけで衰退してしまう可能性だってあると思う。ドメスティックな視点からの思い込みだけでは足りないということ。

漫画の定義というのは流動的なもので、今後は漫画の出版社の競争に加えて、漫画家の競争もグローバルに開かれていく。今までももちろん日本で海外出身の漫画家が描くことはあった。しかし今では、海外で出版される海外作家による漫画も出てきている、ということ。

だからもっとフレキシブルなものとして考えてみる。エキゾチックとか文化の違いというレッテルから逃れてみる。そうすることで漫画という分野にはまだ実はのびしろがあると気づく。そしてこれは漫画に限った話ではない。

M

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中