Home

Modus(方法)+ Inflamarae(点火する)。

叡智とはあらゆる種類の性急な判断や先入観に陥らないよう常に目覚めている慎重さである。だから叡智は、知られていることや受け入れていることを問い直し、さらに確かなものとするため、主義として懐疑する。Le Fichier Alainより

感受性の欠如、思考の欠如。即ち、何にも興味を感じず、行動するためにどのような仕方でも動かないこと。それは、もう、ほとんど罪だ。そういう認識の共有から始まったのがmodus inflamaraeです。

思考のプラットフォームとして何を感受し、何を思考するのか。

modus inflamaraeの大きなテーマは「日本という国、日本人はどこから来てどこに向かうのか」というところにあります。このテーマに取り組んでいく上で、日本の政治、社会、文化等、さまざまな側面の「知られていること、受け入れられていること」を問い直し、議論を「点火(inflamarae)して」いきたい、このプラットフォームがそうするための「方法(modus)」になれば。そう思っています。

M & A

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中